FCB練習日記

いったいおれ どうな て

木管分奏@夢の島

じゅうよんすに初参加(プレはお休み)で今回2回目の参戦になるクラリネットパートのまさこです。
娘が爆誕しチューバの旦那とともに子連れで練習に参加しているのですが、今回は練習部屋の都合上、金管打楽器と木管は別施設での練習‼︎
ということで途中娘の引き渡しなどしながらなんとか練習に参加。
夢の国の近くということもあり後ろ髪引かれながら参加したメンバーも数名…
午前中は音楽監督、午後は同パートの丼氏によるご指導のもと密度の濃い練習をすることができました。
準備片付けや昼休憩を考慮すると正味6時間程度の練習時間だったのですが、まず3面のイースIを開始すること1時間……はて1時間?
ここのフレーズ取り上げましょう、ここの音程ちょっと…という感じで少人数だからこそできる細かな部分をこなしていたらあっという間に時間が過ぎていました……
それもそのはずFCB木管譜面は息を吸う暇を与えてくれないほど真っ黒、一般の吹奏楽譜面では見ない高音域の数々が書かれています。
やりたいことはたくさん!でもまだ3面だけでもイースII、クロノトリガーが3楽章分残ってます‼︎1面もあります‼︎時間が足りません‼︎
ということでここから少しペースアップ↑
最近では演出練に時間を取られることが多いので、本番まで2週間というこの時期にこれだけみっちり演奏だけに集中した時間が取れたのは有意義だったのではないでしょうか?
余談ですが、食料持ち込み禁止の施設での練習だったためランチは優雅に施設内のレストランビュッフェ!


こんなにゆったり昼休憩を取れるのもFCBでは稀なことです(いつも休憩時間は削られ、少ない休憩時間に演出の打ち合わせなどなど)
3歳未満無料とのことで娘もランチを堪能しました。ありがたい!
さて演奏面での課題も各自見つかったことでしょうし、私も最後の悪あがき個人練タイムを投入したいと思います(練習してもFCB猛者たちには追いつきませんが…)
このLive感が味わえるのは10月10日(祝)川口リリアだけ!またまだお席に余裕がありますのでぜひ現地にて臨場感を味わってくださいませ。
teket.jp

金管打楽器練習

ライブ宣伝しているものの、自分がお誘いした方が配信を選択されてしまうケースが多くて悲しい打楽器おがゆです。

本日は、木管楽器金管打楽器がそれぞれ別の会場で練習するという特別な日でした。
我々は打楽器奏者における聖地スタジオにて、本番さながらの打楽器を取り揃えての練習でした。
ここ、移転してから初めて行きましたが、ちょっと狭くなりましたね。
移転前は、なんとか詰め込んで合奏できたのですが、新スタジオは金打+低音木管でギリギリ!

移転前のスタジオは、スタジオを出ると無数の打楽器が所狭しと並び、そのへんで楽器の修理や解体などが行われていてちむどんどんしたものです。
新スタジオでは、そういった光景が見られなくなってしまい、非常に残念。
唯一、直径2メートル以上ある例の銅鑼だけは、見ることができました。

ということで、午前から実施されていた木管分奏からルーラしてきた木管低音メンバーや、台風の影響で新幹線が動かず、そらをとんで来たメンバーも合流したので全員で天竺を目指し、ながいたびがはじまります。

演出関連を封印して、演奏に集中した練習を8時間みっちり詰め込まれました。
とはいえ、各種効果音は演奏の一環として演奏されるため、全員の脳裏には鮮明にあんなキャラやこんなシーンが次々と再生され、演奏を妨害してきます・・・。

打楽器メインの練習だったはずなのですが、管楽器も結構しごかれてましたね。
木管が不在で狭いスペースだったので、普段は遠い楽器がよく聞こえてきて、
金管中低音の変態フレーズなど、色々と改めて新しい発見が多い練習となりました。
メイジソ先輩のゲージがみるみる削られる戦いっぷりなども、管の皆さんに見て頂けたかと思います。

HPもMPも一桁まで削られて練習場所を後にし、天竺というか飲み屋へたどり着くと、早々に練習を終えて既にベロベロになっている木管メンバーに遭遇したのでした。

どうやら木管分奏では
「どうせ俺たちが頑張ってもトランペット・コルネットに潰される」
「努力したって報われないだろ」「あいつらを殺せ」
などと、はんらんぐんが決起していた模様。

果たして、木管とトランペット・コルネットは美しく融合できるのか!?
それとも、舞台上でバチバチ火花を散らすバトルを繰り広げるのか!?
そのあたりも気になるライブ本番は約二週間後!!


実はチケットがまだまだ残っております!!!
teket.jp


会場でしか感じられない魅力が沢山あります。
我々としても、リアルなお客様をより多く感じられることで、よりアツい演奏が届けられるかと思います。
リアルなお客様こそが、我々の大きな原動力となります。
既に配信を申し込んで頂いている方でも、まだ何も申し込んでいない方も、是非川口での現地観戦をご検討下さい!

※9/24練習日記、木管分奏編は後日公開予定です。

準備も大詰めです

こんにちは あるいは こんばんは。
ドラクエウォークで麻雀ができるようになったので試しにやったら18,000点振り込みました。
トランペットパートのえびなともうします。

< 忙しい人のためのFCB15th 概要 >
・ ゲームを愛する者たちが仮装して歌って踊って楽器を吹きます
こちら でチケットを予約
・ 2022年10月10日 15:00までに川口リリア メインホールにお越しください

ーーー
3連休最終日は都内某所で朝から練習でした。
5分刻みの練習スケジュールは見たことありません。これはバスの時刻表ですか。

他メンバーも言及しておりますとおり、毎度HP/MPをブリブリ削りながらレベル上げを進めております。
練習後に やくそう と まほうのせいすい (意訳:つまみと酒) で回復を試みておりますが、回復の代償として
少々の記憶を失うため、細かなことは書けません。すみません。
ーーー
さて、歴史を紐解くと、16年ぶり、2年連続のLive開催となります。
世相を受け、"Preview" と "真" というかたちとなりましたが、
曲名は同じでも、中身をまるっと変えていますので、前回とは違うLiveだと思って頂ければ幸いです。
練習も残すところ後3回となりました。
会場にお越しくださる方、画面越しに見られる方にすてきな演奏(と、アレコレ)を
お届けできるよう、がんばります。よろしくお願いします!

< 追伸 >
都内某所に紙のチラシを貼りました。
見つけたら、写真を撮って #FCB15th のハッシュタグをつけてツイートお願いします!

(楽器がなくても練習は)できます

まると申します。12thから参戦、テナーサックス吹いてます。好きな青魔法はレベル5デスです。
今回の練習はちょっとだけ(個人の感想です)遅刻した身なのですが、後述の通り日曜の長時間鍛錬で残HP 0の仲魔も多数いたりしますので、HP 5でギリ踏みとどまった私めが伝聞や空想を交えつつ馬車から飛び出し練習日記をしたためる次第です。

<本編(楽器+キャラ練)>
・8:50集合、17:15終了との事前アナウンス。なんだ日々のROUDOUの定時と変わらん、たいしたことねーな。もはや感覚麻痺。だがこの「たいしたことねーな」も夕方打ち砕かれる。
・キャラ練本格化に伴い、せっかく練習を重ねて重厚になった演奏がキャラにメンバーを取られ一気に薄く繊細になっていく現象発生。FCBの風物詩的バグ。キャラを演じたのち演奏に復帰しようも息があがって戦闘不能。演奏メンバーはキャラが視界に入ると一定の確率でツボって戦闘不能。全体として難度「おに」化。
・某キャラの熱演により「そこにあるはずのない金網が見えた」との団員証言。LIVE当日、お客様にもきっと見えるはずです。金網。

<延長戦(楽器無しキャラ練)>
・スケジュールをよく見ると末尾に 延長戦 17:30~ 第2会議室 の記述がある。延長戦…!? 会議室…!? 終了時間書いてない…!? 「キャラ練なら楽器吹かなくてもできるよね。なら会議室でいいじゃない。21:00まで予約できたよ。ゲームオーバーまでやろう。」の精神。
・曲目(?)はルート16ターボグラディウス、素晴らしいレースゲームメドレイ。珠玉の迷曲揃い踏み。回転しながら横スクロールは三半規管に来るのでご勘弁願いたいのですが…ダメですか。ええ、ですよね、わかります。善処します。
・「代表。この演出ってホールの設備的に可能なんですか?」「ホール練(=LIVE前日)でやってみないとわかんないよね。」「さっきもそれありましたよね。いつにもましてそういうの多くないですか今回? 縦スクロールものは向いてないってあれほど…」

<ボーナスステージ>
HPウィンドウもほどよく色づいたところで養老○瀧へ。入店時、先客の貴婦人が「みんな楽器持ってるわ。音楽団体ね。」と小声で呟いているのを聞き、音楽団体ってグラディウスやるんだっけとか、いまルート16ターボ開始したら先客のみなさまぱーぱやしてくれるのかな、とか、薄れゆく意識の中妄想し、メガジョッキハイボールをあおるのでした。次回エンカウントすることがあればLIVEのチラシを渡します。

というわけでFCB真15th LIVEまで残り4週間となりました(白目)。
オンライン視聴も準備していますが、LIVE会場の残席もまだまだございます。
いい歳こいた大人たちが命を燃やして8ビット16ビットゲームを再現、当日まで(団員にも)何が起こるかわからないナマモノ、まさにLIVE。
ぜひ当日新鮮なうちに、なんなら会場でどうぞご賞味くださいませ。
teket.jp

楽器を吹かないこと3時間半・・・

はじめまして、の方が
ほとんどになります。

12th以来の参戦
クラリネットのまほです。

この日は12時から22時に
練馬で練習しておりました。

7月8月とあまり練習に参加できていなかった
わたしは、9月以降の練習の全参加を心に決め、
この日も30分前には練馬に到着!


さあ、張り切って吹くぞ!と
気合を入れてきたのですが、

「あ、ルート16ターボからやるので
楽器は組み立てるだけにしておいてください」

という代表の言葉に

え、、、ルートからやるならむしろ
楽器は組み立てない方が良いのでは…

と、ほとんどの方が楽器を
ケース内にしまっていました。

そこから、2面の練習。

2面は奏者は若干名で、
ほとんどの方が演出担当になります。

ルート16ターボ、からの
暇つぶし、いや、引きこもりメドレー

歌を歌うだけの問題作と呼ばれるものや、
走ったり泳いだりするもの
飛行機が扇風機みたいなのを倒すゲームを
身体を張って表現していきます。

なぜか演奏より息が上がっています。

中には1日一回が限度のものもあるようですが、
問答無用で二回以上やらされていました。

楽器を吹かないこと3時間半

あれ?わたしはもしかしたら
ガラスの仮面の世界に
来てしまったのかもしれない…


そう思い始めた時、
やっと合奏の時間がやってきました。


夕飯休憩があるだろうと
ちゃんとおにぎりを買ってきておきました。
ここの楽団にはコンビニ行く時間だって
惜しいんです。

知ってますよ、わたし。


案の定17時ごろ、指揮者より

「では15分休憩しましょう」

ん…?

わたしの予想ではここでは30分くらいの
休憩があるはず。

あ、じゃあ夕飯はもう少し後なのかな?

すると、代表から

「今のうちにコンビニでおにぎりかなんか
買ってきて食べておいてー」


あ、、、ほらね。
わたし、合ってた、、、で、しょ?


そして、17時半ごろから合奏再開

日中の演出練習でだいぶ力を
出しきった奏者もいるようで、

20時ごろには言葉を発するものも少なく、
淡々と演奏する様子が多く見受けられました。


はじめに、この日の練習は
22時までと言っていましたが、

ちょっとしたお祝い事があり、
急遽21時で練習終了!イエイっ


残り1時間、気力体力ともに
限界を超えての勝負‼︎


21時15分前になり、
指揮者より

「あとどっかやりたいところある?」

一同、しーーーん…

「あ、あの、やりたいかどうかと
言われたらもう大丈夫です」

という、勇気ある団員の言葉に

「はい、じゃあ最後通しましょうか」

指揮者はだいぶ心が読めるタイプのようです。
あれかな、メンタリストとかなのかなぁー


そして、無事21時に練習を終えたメンバーは
次なる戦いに向かったのであった。


9月3日よりチケット受付がはじまっています。
いわゆる良席はだいぶ埋まってしまいましたが、
まだまだ半分以上はあいている状況です。
ご都合付く方は、是非ご来場ください。
teket.jp