FCB練習日記

いったいおれ どうな て

「おとなの文化祭」は明日です

バスクラリネット担当80です。
クラシック音楽は「再現の音楽」だそうです。楽譜から作曲者の意図を読み解き、時代背景を考慮して曲を創り上げることが求められます。我々ファミコンバンドは、ある意味「再現の音楽」をやっています。吹奏楽でゲーム音を出すことに飽き足らず、ゲーム画面も再現して皆さまにお届けします。
知り合いに「君らのやっていることは総合芸術だね」と言われました。総合芸術のオペラにゃ到底及びませんよ、と思いましたが、音楽、演劇、歌…など、複合要素で成り立っているから、総合芸術といえばそうなのかな?「おとなの文化祭」の方がニュアンスは近い気がします。

さて、そんな「おとなの文化祭」も明日に迫りました。練習も大詰め。本日は本番ステージを使った12時間超えの前日練習です。

やることは山積みです。直前にそんなやることあるの?事前にやっておけば?と思われるかもしれませんが、本番ステージではないと分からないことがたくさんあるのです。

その1つは、音の響き。今回会場となる川口リリアのホールは、音がモヤモヤして聴きづらい傾向があるので、いつもよりハッキリした硬めの音を出すように指揮者から指示が飛びます。*1
また音のバランスも重要です。特にマイクを使用する場合は、その音量調整をしなければなりません。音関連の確認には、指揮者、音楽監督、代表はもちろん、各パートのメンバーが入れ替わり立ち替わり客席に座り、曲がどう聴こえるのか念入りにチェックします。

そして、演出の最終確認も実際のステージだからこそ。実寸のステージは、今までの練習とは勝手が違うことが多く、その場で演出を見直していきます。照明や音響との細かい打ち合わせも、やらなければなりません。

こんなことを黙々と進め、気がつけば時間は21:45!本当にあっという間…。最終撤退時刻22:00に間に合うように、急いで荷物をまとめて一同帰宅の途に。朝日の中みたはずの川口駅は、すっかり夜のネオンにまみれていました。

なんか「明日やりましょう」って言われたことがいくつかあった気がするけど…アレ、明日本番ダヨネ?まぁどうにかなるでしょう!?
明日は集大成をお見せします。お楽しみに!!

*1:お客様が入るとまた響きが変わってくるのが悩ましいところです。

FCBまであと2日!

はじめまして。新人のくりりんです。栽培男はまだ倒せません。

いよいよ明後日を14thにむかえたFCB
SNSではGWにも関わらず最後のわるあがきに勤しむ団員達の姿が見られます。

本番が近づくにつれ増えていく荷物と楽器を手にいざ江東区某所へ(キャリーバッグ+楽器がFCBスタンダード)

本日は朝から練習→ゲネプロ
気分はまるで最後のセーブポイント
ちなみに貼り紙には『FCB256th』と書いてあります。
少なくともあと242回はライブがあるようです。人間やめなきゃ。

ハイエース2台分の大道具の搬入を終え(練習室は4F)息つく暇もなく2面や1面の細部を詰めていきます。

ネタバレを避けるために多くは語れませんが、個人的感動ポイント
ロックマンがいる
・イエローデビル
・最適化された着替え方式
・各種装備の完成度の高さ
・某スポーツゲームの目まぐるしい運動量とキレ
・主役を食ってしまうくらいクオリティの高い脇役の歌唱力と存在感
・各種オプションパーツの完成度
・急激なテンポの切り替えが脳内補正だけで行える
etc...

デスマーチゲネプロでは魔◯村やコン◯イの謎で培ったであろう忍耐力でつつがなく進行。
本番直前まで温められていた数々の新ワザや最終形態が飛び出し、演奏どころではなくなりそうなのを必死に堪えます。
まだまだ変身を残している方も多く、本番中演奏を継続できるか非常に不安です。

苦しい楽しいゲネプロも脱出時間の関係で3面の途中で泣く泣くストップ。
あれ?タイムリミットまで4時間近くあったはずでは…?
『今回'も'最後まで通せませんでしたね』という代表の言葉から察するにこれが通常営業であることが伺われます。
あれをぶっつけでやってたの???

精魂尽き果てかけている気力を振り絞りダンボールや色合いが独特の着衣が散らばる部屋を10分でもぬけの空に。
素晴らしい劇的ビフォーアフター

人類共通のラスボス『時間』に苦しめられつつ、戦士たちは体力回復のためにエリクサー(麦)を摂取しに本拠地?高田馬場へ。

唇・舌・腱がもたないかもしれない。
着替えが間に合わないかもしれない。
タイツは滑るから転ばないか心配だ。

などなど不安は残るものの明日はいよいよ約束の地 川口に乗り込み最期の練習!

5/5まだわずかに席が残っているようですので機を伺いすぎてチケット入手出来てない方、まだ間に合いますよ!

FCB14th
乞うご期待!

更に闘う女子達

こんにちは。サックスパートのみなえです。
最年長女子として今回はFCBの女の子たちにスポットを当てて書いてみたいと思います。

LIVEまであと9日!と本番が差し迫ってまいりまして、今日はキャラ練にも本番の衣装を着て挑む姿がチラホラ見受けられました。

割り当てられたキャラによって苦労どころは色々あると思うのですが、女子としてはやはり「体型」は1番気になるところ。
超ハイレグのボディースーツを着なければならぬ!とか、虎柄のビキニを着用せねばならぬ!とか、ボディーラインがあらわになる役柄は仕事のストレス等によりちょいと食べ過ぎたりしたらあっという間にアウト!!
練習はもちろんの事、ダイエットにも手抜きは許されませぬ。
また、役柄により髪型にも制限が‥「私マ○キー(少年)役だからショートにしたんだよねー」とあっさり言っていた女の子がいましたが、女子が髪を切るって結構覚悟がいるものですよー。私カツラで済む役でよかったー。ハゲのおじさん役だけど‥あ、男が多いはずなのに何故か男性役の女子もいるんですよねー。
光GE○JIに若○津くんwww 男子より漢前だからでしょうか。

見た目でも頑張る女子達ですが、一番頑張っているのはお母さんなメンバーだと思います。
乳飲み子を抱えつつ楽器を吹き、大道具隊長をしたり、赤ちゃんをあやしながら面倒くさいパンフ作製したり‥
仕事も家事も育児もしながらFCBに参加するなんて並大抵の戦闘力では出来ないと思うのです。
女の子って強い!!
FF7だって、結局星を救ったのはエアリスだからエアリスが最強!セフィロスなんかトチ狂ったただのマザコンだもんね。

LIVEではぜひ闘う女子達に注目&応援してくださいませー!

あ、そうだ!全然練習日記になっていなかったので、最後に日記っぽい事を一つ。
今日はゲストの歌い手様達が合流しまして、FF7セフィロス部分などの歌合わせをいたしました。

「塩酸、しめじ〜、ひらめ〜、出目金
セフィロス!!
セフィロス!!
大きなリス、元気なリス、
そうシマリス‥‥」

歌が入るとやはり雰囲気出ますねぇ♪
セフィロスの他にもボーカリスト様達は色々活躍してくれますので楽しみにしていてくださいね〜!

吹奏楽練習

トランペットパートの(が)です。

晴天の日曜日。
我々FCBメンバーはまったく光の入らない地下のさらにさらに奥深くにある一室に籠もります。

FCB 吹奏楽練習」と貼られた扉の中にあるのは合奏をするとは思えない並べ方をされた無数のパイプ椅子、片隅では大きな段ボールを切ったり貼ったり身に纏ったりする人々。

吹奏楽...練習...?
まぁ今に始まったことじゃないのですが。
いよいよ本番が近づいて来たなと実感します。

この日の練習は2面から。
代表の「タイムテーブル?そんなものは皮算用ですよ」のお言葉通り40分押しで昼休み。
地上はキラキラと輝き「花と噴水と子供...ウッ」と思わず涙するメンバーも。

午後はようやく楽器を取り出し合奏練習。
しかしここでもキャラ練は続きます。
出番を終え自席に戻ると息切れでしばらく楽器が吹けない、目がかすんで楽譜が見えない、そんな嘆きを無視して合奏は続きます。
キャラの動きの精度が上がるとともに奏者が笑って吹けなくなったりテンポが乱れる事案も頻発します。あー苦しい(苦笑)

兎にも角にも本番まであと少しです。
平日真っ昼間に仕事そっちのけで演出や準備に関するメールが飛び交い、皆の熱も上がりまくっておりますのでご期待ください!

今日から合宿だ(256日目)

おはようございます。
前回、立ち枯れてトドワラへクラスダウンした元伝説の樹です。

合宿最終日の練習日記を仰せつかったのですが、ワタクシ合宿係を担当しておりまして、係は最終日が忙しく、日記を書けるような練習をしていないので困惑しております。
(決して練習が嫌いというわけではありません)


さて、我々の団体は1日目夜の妖星乱舞(宴会)で相当はっちゃける為、いろいろと気を遣います。
せっかく我々のためだけにティンパニを追加購入していただいたくらいなのに(1日目日記参照)、宿の方に悪い印象を持たれて次回から出禁となっては申し訳ないので、係のほうで最後の片付けをします。
前日中に簡単に纏めておいた大量の空き瓶・空き缶や、残ったツマミ・飲み残しを丹念に仕分けなおしててごみ捨て場へ。宴会部屋をひととおり見回って問題ないことを確認します。

続いて宿泊部屋のほうも総点検。
朝食後各自に部屋の片づけをさせて荷物を談話室へまとめているので、やり残しがないか確認します。
シーツ類はすべてはがして玄関前に持ってきているか。布団はきれいにたたんであるか。
ごみは落ちていないか。忘れ物はないか。TVや空調の消し忘れはないか。
こっそり部屋へ持ち帰った酒瓶が転がっていないか。
今回はチェックにひっかかる点はほぼなく、いつもよりきれいでした。

ちなみに宿泊部屋ですが、男性メンバーは本館、女性メンバーは別館と建物が別れているため通常、男性が別館へ入ることはありません。しかしながら、合宿係は仕事ですから、別館のほうも全て確認しにいきます。


・・・?
・・・・・・・・・・(くんくん)
なんか、いいにおいがする・・・。
あっ、別館には奥に小さめの家族風呂があるのか。ほうほう。
もしかしてピンクのバスタオルが落ちていたりは・・・しないのか。オホーツクは前回だしな。


そんなこんなで宿への支払など残りの仕事を適当に済ませて現地解散となりました。
今回は立ち枯れただけでは済まずに土に還っているかもしれません。

本番まで残り21日!